コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

実習Ⅰ、第一弾終了~

先ほど、実習先から帰宅しました!!

日曜日、島友だちKの結婚式2次会に参加してから新幹線に乗り込み、実習先へ。
有難いことに布団代1日300円で無料の寮を使用させていただけました。

最大2名で使用という寮(昭和52年築)、相部屋になる方はいなかったので、一人で和室3室&キッチン&バス&トイレを使用★

久しぶりの和室トイレ、手回しでお湯の火を着火するシステム・・・・などなど、未知なことが多く、かなりとまどった1~2日目だったけど、3日目には、すっかり慣れました(笑)

一番困ったのは、コンビニまで2キロという環境。
さすがに、暗闇の中、往復4キロは行く元気がない・・・・
仕方ないので、夕飯は、毎日病院の売店で購入。
4日間もアルコールを摂取しなかったのは、20歳以降初めてです!!(ある意味、いい治療だった?!)

実習は・・・
今回はナースは関与せず、医師からの指導とのことだったので、ちょっと緊張。
でも、
憧れのU先生が指導医で、とっても親切に接してくれたし、
何よりも、
他の先生にも、「医師につくので、医学的な立場で話しをしてほしい」と伝えてくれたのが有難かった。

その分、すごく専門的な医学用語を先生たちは使って教えてくれたし、
かなりマニアックな会話をしてくれた。
幸いなことに、私は、小児においては、大学病院で循環器のICU、NICU、PICUと経験していたので
小児病院PICUの症例でも、「??」というものはなかった。
だから、先生たちの言っていることは理解できたし、理解できないことを質問すること位はできた。
(このタイプの実習、私が初めてなのだけど・・・・私としてはすっごく楽しいけど、もしかしたら、経験の状況によっては看護師には厳しいかも~~)

宿で実習記録作成していたら、突然ワードが使用不可能になって大混乱!!という事態にも陥ったけど、
もう、記録は諦めた~~と、開き直ったら、それはそれで楽になった。

そして。。。

今回の実習は、医師の中で学ばせていただき・・・

そんなに特殊な出来事がなかったのもあってか、疾患の理解や方向性についての話し合いは自分位の知識でも大丈夫なもんだなぁと思う反面、
やっぱり、医師は、日々論文をどんどん読んで(もちろん、ほとんどが英文)、新しい情報を仕入れている点が、自分とは全く違うと感じました。

そして、今までも何となく感じていたけれど、
同じ施設でずっと働いている医師などほとんどいなくて(少なくても向上心のある医師は。)
どんどん、自分を向上させられる施設を見つけて、色々な施設、色々な科(小児だけでなく、成人の救急も必須らしい)を経験していることを目の当たりにしました。
これじゃ、視野の広さが違ってくるよな・・・・と実感。(私の経験範囲が狭いだけなのですが。)

色々なことができる上での得意分野の発揮が、本来の意味での専門性の発揮なのかな?なんて・・・思ってみたり。


NPとか高度実践看護師とか・・・
「看護師が医学を学ぶこと」に対しての議論が白熱している昨今・・・

ミニドクターと言われていた部署(小児循環器ICU)のナースであった私、
そして、CNとして、組織から、目に見えるアウトカムを求められる中で働いてきた私・・・
「大事なのはデータ」 「アウトカムを出すべき」 と、活動の上では思ってました。(いや、今も、多分、思ってる。)

大学院で看護学などなどを再び学び・・・ケアリングやら何やら学ぶ中で、
「看護にアウトカムは必要ない」 「結果ばかり求める医学モデルが看護をおかしくしている」 「専門看護師、認定看護師、NPなどは看護の世界の暴力だ(海外の文献です)」などなどを読み、ディスカッションし・・・
へこんだり、色々迷走し。。。

いやいや、違うだろ。
なんで、否定ばかりされなきゃいけなんだっ?と、気持ちを奮い立たせ、
キュア(医学的要素が多い)とケア(看護学、人間学に基づいたもの)の融合の在り方について、絶対に見つけてやりたい!!と思っていました。(いや、思っています、か・・・)

今回の実習で、更に、ミニドクターを目指していると言われるのか?!と、思ったりもしましたが
医師の側で、医師と共に過ごすことで、もちろん医師側の立場や思考も理解できたけど、
そこから見た看護師、看護の在り方も、すごく考えることができました。

看護師だからできることってあるはず、って思った。
知識とか、新たな情報の収集などの努力は絶対に必要だけど(これが不足していると、当然ながら、医師からは信用されない。)、その上で、
医学的知識も備えたキュア×ケアができたら、すごくいい看護ができると思う♪

もっともっと、色々学び、考えていきたい。


実習中、看護師の方々も、私が看護師だと知ると
看護師長や、ベテランスタッフなど、せっかくだから利用しようと思うのか(私なら、思う。・・・利用できるものは利用してやろうって・・・笑。)
「~~を、相談したい」 「ぜひ、何かレクチャーしてください」などなど、
色々声をかけていただき、とっても有難く思った。
でも、この5日間という期間では無理なので、名刺を渡して、今後お互いに学び合う機会をいただきたい、と伝えさせていただきました。



そうそう。

実習初日に、K医師(10年以上前に、喘息キャンプに医療班として一緒に参加した小児科医)に出会った!
K医師・・・去年の実習先(救急外来)で出会ったばかりだったのに、何故、この他県にいるの
お互いに、「あれ???」って。。。。
K医師は、3月で元職場(私にとっても元職場)を退職し、この病院での小児救急外来立ち上げのため、転職したのだそうです。
へぇぇぇぇーーー!!!
ずっと、「小児救急をやりたい」と言っていたし、
こんな素敵な病院でスタートから関われるなんて、素敵だし、良かったなぁって思いました。

そして、昨日、元職場で研修医の頃から知り合いだったSちゃん(←いつの間にか、医者になって6年目だそうです)が、PICUに見学に来た★
一緒に色々(CCUやER、搬送用救急車、ヘリポートなど)見学したり、医師の勉強会にも参加させてもらったり、なんだか、楽しかったです♪



実習先のPICU(小児集中治療室)は落ち着いていたので、
最終日の今日は、半日で終了。

荷物を送る手配をしたり、鍵を返して
バスで30分かけて駅へ・・・・。

駅で

P1140492.jpg


「静岡塩チャーシューラーメン」を食す。

美味しい!

そして・・・生ビール
なんと、4日ぶりのアルコール★☆★☆
私の肝臓くん、4連休、満喫しましたかぁぁ??(笑)


さ。。。。。


少し休んでから、
この実習の記録をまとめようと思います。


豊かな環境の中の
魅力的な施設、システム、
そして、向学心たっぷりの素晴らしいスタッフの方々に
感激しました。

実習施設の関係者の皆さま、全てに、感謝です!!!

ありがとうございました。

必ず、学びを実にできるようにします
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

orion★

Author:orion★
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。