コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

靖国神社

31日、1週間ぶりに教授とのゼミで、
思った以上にやる気モードアップ
(研究の方向性が見えてきたってだけで、実際は、まだまだ入口なんだけどねーーー)

よし、あと一年、頑張れる気がしてきた~~~

やる気モードのまま、
少し論文集めして

その後、
なんとなく考えていた計画を実行しよう、と決めた

今まで、何度も通りすぎ
ずっと気になってはいたけどスルーしていた神社に散歩がてら行ってみることにした。

向かった先は、
『靖国神社』

自分の中では、
「総理大臣が、参拝するかどうか問題になる神社」
「戦争でなくなった方が祀られている神社」
という程度の知識しかありません

院生仲間に、院生室で「散歩がてら、靖国神社にでも行ってみようかと思って~~」と言ったら
「あそこ、ちょっと入りにくい雰囲気あるよね。。。」との感想。
そうかーーー そうなのか~~と、ちょっとビビる。(笑)

でも、実際に行ってみると、入りにくそうな感じは全然ありませんでした!

P1140068.jpg

国旗があった方が靖国神社っぽい気がするんだけど、
ま、いっか(笑)



神社は好きだけど、それぞれの神社の持つ意味なんて何も考えてない。
・・・と、いう私でさえ、その意味を少し感じる・・・・そんな神社が、靖国神社です。


P1140054.jpg


神社にふさわしく、優しく深い黒が存在感を放つ本堂で、参拝させていただきました。




神社は、思っていたよりも広いけど
私の知っているいくつかの神社よりはこじんまりとしている、という印象。



P1140055.jpg

色々な地域のお酒が奉献されているらしいーーー

って、飲めるわけじゃないんだけどね(笑)



お酒だけでなく
各地域から「絵馬」も集まっていました。

P1140059.jpg


ふーん、なんて思って、
実はあまり興味なかったのだけど
見てみると、これが、かなりおもしろい!!


P1140061.jpg


それぞれ、色々な形で干支のヘビを表現したり
地域ごとの特徴を出していたりして
とぉっても素敵

ゆっくり眺めていると
美術館の画を眺めているような気持ちになりました



P1140060.jpg


こぉいう文化って、素晴らしいですね!!!


私は絵馬はあまり書かないのだけど
絵馬の原画も芸術品なんだな~~なんて、思ったりしました。
(絵馬を描こうとしないと、気にすることさえなかったよなぁ・・・というのが、大きな発見


靖国神社の本堂近くに飾られている

P1140056.jpg

この、大きな大きな絵馬は
名古屋市の絵馬協会から奉納されたもので昭和53年から続いている名物らしいです!

あ。そうそう・・・・
大事なこと記録するの忘れてた。

靖国神社は1869年に明治天皇の思し召しによって建てられたもので、
建国の理念は、世の平和を願い国家のために一命を捧げられた人々の霊を慰め、その事績を後世に伝えることにあるそうです。
明治天皇が命名されたという「靖国」という社号は「国を靖んずる」という意味で、靖国神社には、「祖国を平安にする」「平和の国家を建設する」という願いが込められている、とのこと。  (靖国神社パンフレットより)

私が知っている靖国神社と、相違がいありません。

もちろん、

神社側のおっしゃることのみでなく、
戦争の時の苦い思いの中で、「天皇を国の中心に添え、神社神道を国の宗教にした」ということを悪しく思っている方々もたくさんいらっしゃることも、事実。

ネットで拝見させていただいたところによると、
元々は神道は古代の神話であったのに、天皇の祖先である天照大神を祀る伊勢神宮と、天皇に従う代表としての出雲大社という位置づけができ、明治になって出雲大社に代わるものとして靖国神社ができた
という意見を述べている方もおられるようです。

戦争を知らず、
歴史の学びも浅い私には 賛同も否定もすることなど、とてもできないし
それらに深い思いを持つ人の感情など計り知れないけれど、
戦争を「侵略戦争」であるとか「聖戦」であるとか、
様々な角度からの物の見方が影響しているのかな、と感じます。

ただ、「何言ってんだ?!」ってことは分かった上での意見は・・・
やっぱり神道は、
何かを神様にするのではなく、神話であり八百万の神であることが、しっくりくるなぁ。。。。
(ざっくり人間ならではの意見です♪)

P1140064.jpg

神社は、やっぱり重厚で、その建築物には、ただただ感嘆。
日本って素晴らしい。
日本人ってすごい。
そんな、日本に来たばかりの外人みたいな感想しか浮かんできません(笑)

このおそらく天皇のために舞いをする場に見惚れていたら、
その上を、真っ白な鳩が2匹、優雅に空を渡っていった。
私は、ただその事実を受け止めているだけで、命の危機について一瞬たりとも感じてはいない。

こんな平和ってあるだろうか??

靖国に眠られているたくさんのご先祖さまの魂に、この平和を喜んでいただきたいと心から願いました!


P1140065.jpg


ただ。。。。

やっぱり、靖国神社は、色んな意味で重みが・・・大きかった気がします。

戦没馬の慰霊像や、戦闘犬の慰霊像。
手を合わせていただきました。
神社参拝の型は、もちろん熟知しているけど・・・2拍手なんてできない。
ただただ、手を合わせた。

それは、この中にある全てに対して同様でした。

砲とか、とても写真を撮る気になれなかったので画像はないけど
この現物を残していることの意味を、もっと考えるべきだ。

特攻隊の方々の慰霊像の前では、立ち尽くしてしまった・・・・。
それは平成に入ってから建てられたものらしいけど
「彼らは・・・・・我が国の平和と発展の礎であり・・・・・・」というような文章に
それは違うでしょ!!!と、思ったりもした。
礎でない、という意味ではなく、礎になっているのか?礎にすべき命ってあるのか?など
その辺りは、キリがないので、いつか自分の気持ちがまとまるまで、述べるつもりはないけど。。。
でも、特攻隊をされた先祖の方々が弔われる場所があって良かった!とは、心から思います。

靖国神社が、戦争を肯定してるとか否定してるとか
そんなんじゃなくて(戦犯者か否かとか揉めてることも、なんか不毛だと思う)
戦争で亡くなられた方々を弔うことが出来る場所と思えば、それでいいんじゃないのかな。

P1140066.jpg

たくさんの木に
「~戦友会」とか「~~生存者一同」とか書いてあるのが
なんとも嫌な感じで

正直言って
「なんて重たい神社なんだろう」
「ここの神社の意味って何なの?」という気持ちがないこともなく

歩いているうちに、気づいたら涙が出ていた。

でも、そんな木たちの間を歩いていて思った。
戦友会の方々や生存者の方々が、献木され続ける神社。
怨んでいたら、そんなことするはずない。

心から平和を願う気持ちの集合体が、この神社なんじゃないのかな。

・・・ってのが、私の今の結論。

P1140068.jpg


1時間程度ですが、
色々思い、考えさせていただけた神社でした


P1140074.jpg

ご朱印のための小銭がなかったため、
願いごとが叶うというお守りを購入させていただき、
ご朱印、いただけました~~
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

orion★

Author:orion★
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。